用語理解シリーズ:自然吸気とターボのはなし

今回は主にターボのお話です。

ターボは別名を過給機と言います。
何をしてるかと言うと圧縮した空気をエンジンに送り込んでいます。

自然吸気とはターボがないこと言います。
いわゆる普通のエンジンです。
仕組みについてはこちらのブログで詳しく解説済みです。

ざっと自然吸気とターボの違いですが絵にするとこんな感じ

自然吸気エンジン
ターボエンジン

ターボにはプロペラが付いていて吸気側と排気側で繋がっています。
排気ガスの圧力で排気側のプロペラを回すことで吸気側のプロペラも回り空気を取り込む仕組みです。

空気をたくさん取り込める=ガソリンもたくさん送り込めるのでエンジン内の爆発も大きくなります。
つまり自然吸気よりも大きなエネルギーを発生させられるというわけです。

自然吸気エンジンと比べたターボエンジンのメリット

・より大きなパワーを得られれる
・同じパワーなら自然吸気エンジンよりもエンジンが小型化できる

自然吸気エンジンと比べたターボエンジンのメリット

・燃費が悪い
より多くのガソリンをエンジンに送り込むので燃費が悪いのは当然ですね。

・部品点数が増えるので故障率が高い
自然吸気よりもパーツが増えるので故障のリスクも増えます。

・熱をもちやすい
空気を圧縮しているので熱が発生しやすいです。

・ターボラグが発生する
排気ガスがプロペラに当たらないとプロペラが回らないので、アクセルを踏んでから少しターボが作動しません。=ラグ

ちなみにターボにも種類があるんですがそれはまたどこかで。

ということで今回はここまで!

Follow me!

コーヒー1杯からできるサポート

Buy Me a Coffee